×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高校入学と同時に看護の道を目指す

身内や自分自身にも身近な看護師さんとのエピソードがあり、将来は絶対看護の道へ進みたいと考えている人は、高校生になった時からすでに看護の勉強を始めています。

 

看護師になる最短コースとしてよく知られていることなのですが、日本の高校の中には、「高等学校衛生看護科」という学科を設置している高校があり、高校入学から最短5年で看護師として働き始めることが出来るのです。

 

高等学校衛生看護科は一般に5年一貫教育となっており、スムーズに行けば入学から3年後には准看護師の資格を、さらにその2年後には看護師の資格を修得するという流れです。

 

入学から3年後の時点で働き始めることも可能ですから、とても効率的に看護の道を目指すことが出来ますね。
しかし一方で、衛生看護科という看護師への道を初めから選択してしまっているため、途中での進路変更などは難しいというデメリットも挙げられます。
また現在、准看護師制度廃止の動きも出始めているため、もしかしたら近い将来はこの方法で看護師の道を目指すことは出来なくなるかもしれません。